Adam

6. オウムガイの家作り

私たちは、オウムガイの家作り本能を通じて創造の創造の働きを知るがある。 オウムガイ(Nautilus)は、熱帯地方の海で発見された手のひらサイズの貝である。この貝は、次の図のような特異な殻でできた家作ら住んでいる。

オウムガイの殻

まず、オウムガイなどの部分のマントルというところで、カルシウムが豊富な液体を分泌して、以前にあった皮よりも直径が少し大きい円形の殻を作って付ける(expand)。ところが、単純に直径が少し大きい円形を与えられていく一直線に進んでラッパのような形になり、丸く乾燥皮の形にはならない。

ここで、オウムガイは基地を発揮して円形の殻を作って付けるとき員の下の部分(中心部の近く)よりウォンの上部に分泌物をもう少し分泌する(図を参照)。そうなれば、回転(rotate)効果を持ってきて溜まっている隊員がストレートせずらせん状の皮が作られる。

拡張と回転という二つの数学的原理に沿ってオウムガイの殻が作られる様子

オウムガイが生み出す皮の形は、完璧な螺旋を作る(下の図を参照)数学的には、螺旋を台数出(logarithmic spiral)と呼ぶ。

完璧な台数螺旋で作られたオウムガイの殻

ここでは、次のようないくつかの疑問を持つ。

オウムガイがどのようにして皮を作成することを知っているか皮なしで散水もありだ。オウムガイはカルシウムが豊富な液体を分泌して家を建てる方法でそのような液体が必要知ってだろうか?

分泌する液体の濃度、分泌速度、液体の硬い殻で硬化させる方法など、いくつかのプロセスをどのように知っていたのだろうか?

オウムガイの意志かそれとも本能の中に記録された順序に従って遺伝子発現が調節されていくつかの細胞では、カルシウムの液体が分泌され、別の細胞では分泌された液体が硬化されるタンパク質が生成されるなど、いくつかのコースが調節されるのだろうか?

また、どのようにして加算減算も知らないオウムガイが高校や大学で学ぶ台数らせん状に自分の家を作ることイトウルガ?当然オウムガイが数学をよくして行うたと考えている人は誰もいないだろう。

これに対する答えを見つけるために3-Dプリンター(=オウムガイ)でオウムガイの殻を作って見ると仮定しよう。

3-Dプリンターを初めて購入すると、何もしない。オウムガイの3-Dプリンターを動作させるためには、3-Dプリンターに使われるGプログラミング言語でどのような順序と過程と経皮を作成指示するプログラムを組まなければならない。

また、オウムガイの殻が作られる物質を液体状態でインクカートリッジに注入しなければならされる。

その後、完成したプログラムを入力して、3-Dプリンターを駆動すると、プリンタは、入力されたプログラムが指示する通りインクの噴射速度を調節して少しずつ皮を作っていく。

この比喩で分かるように、3-Dプリンターは、自己の意志どおりにオウムガイの殻を作ることができず、入力されたプログラムが指示すると皮を作った語出す。

同様に、オウムガイは自分の意志で皮を作ることができず本能の中にGプログラミング言語のような家作りプログラムが入力されており、このプログラムがコマンドに遺伝子が機能して完璧な台数螺旋の家を建てるのだ。

この事実は、オウムガイが何のルールや意味のない進化の産物ではなく、創造の産物であることを示し オウムガイの本能の中に家作りプログラムを内蔵しておいた方がすぐに創造主の神であられる。